乳酸菌でカラダリフレッシュ【自律神経の安定をも担いストレスを軽減する働きもある】

錠剤

糖尿病を予防する方法

疲労

血糖値を下げるための工夫

健康診断の血液検査でヘモグロビンa1cの値が高いと診断された人は、血糖値が高い状態になっている。血糖値が高い状態が続くと糖尿病になるので、血糖値を下げるための対策を講じることが必要になる。血糖値を下げるためには、血中のブドウ糖を消費させることがポイントになる。筋肉を動かすと血中のブドウ糖が消費され、ヘモグロビンa1cの値を下げることにつながる。ブドウ糖を消費するのに最適なのはウォーキングである。ウォーキングは歩くだけでブドウ糖を消費するので、簡単に血糖値を下げることができる。ウォーキングをすると同時に健康食品を摂取すると、さらに良い効果が期待できる。ヘモグロビンa1cの数値を下げ、糖尿病の予防の効果が期待できる健康食品には、田七人参や大豆、サポニンなどがある。DHAとEPAのサプリメントもヘモグロビンa1cの数値を下げる効果が期待できる。

血糖値を下げることの利点

血糖値が高くなると糖尿病になる可能性が高くなり、網膜症や腎臓病などの合併症を発症することにつながる。糖尿病になると血管に障害が発生し、末梢神経にも悪影響を与える。血糖値を下げることは糖尿病を予防することに直結するので、定期的に血液検査を受けて、自分の血糖値を調べることが大切になる。血糖値はヘモグロビンa1cの数値で算定される。ヘモグロビンa1cの数値が高い場合は糖尿病に要注意である。血糖値を下げる方法には、運動療法と食事療法、薬物療法がある。運動療法と食事療法については、日常生活の中で工夫することによって比較的簡単に行うことができる。運動療法で最適なのはウォーキングで、食事療法では健康食品の摂取が血糖値を下げることに貢献する。